FC2ブログ

2012-03

「飴」を探して・・・ - 2012.03.21 Wed

3月20日 石切東杯争奪6年生卒部大会

5チームによるリーグ戦。15分ハーフを4試合。
過去に何度も対戦をさせて頂いているすばらしい相手ばかり・・・
とてもいい大会に参加させて頂きました。
客観的に観ても10試合全て・・・
高いレベルで拮抗した見ごたえのある試合ばかりだったと思います。


先日の遠征で相手の力が自分たちより優っている場合・・・
「戦う」ということの本質のような話を選手たちにしました。
今日の大会はそのことをチームとして、個人として
どこまで理解を深めてピッチで表現することが出来るかというチャレンジをすることでした。

自分より「力」が上の選手はたくさんいる。
自分たちより「力」が上のチームはたくさんある。

このことをきちんと理解することが大切。

そしてうまくいかない時・・・
個人としてチームとしてどのようなメンタリィティを持つ事が大切なのか?

4試合とも・・・
テーマを表現しようとする姿を見せてくれた選手がたくさんいました。

結果だけではなく・・・
今日はピッチでの「溌溂」とした姿が良かったと想います。


観戦に来れなかった保護者にもよくわかる・・・「この日の水色」

集合の時から・・・
遠征後のピリピリムードを敢えて継続すると思って臨んでいると・・・
明日の大会で「選手宣誓」をすることになったキャプテンが自信満々で自作の原稿を持参。
全く美しくない「字」に愕然としながらも内容をチェック。
評価・・・10点中2点。
どこからその自信やってくるのやら?

これではまずい・・・非常にまずい。

アップ時間を半分にし・・・
ブレーンとして私が選抜したメンバーNobu、Shyuto、Daichiを加勢・・・
そこに何故かKentaの弟Taichiがノートを持ってきて・・・作文開始。
さすがブレーン3人衆。一気に質が高まる。
問題は・・・
質が向上すると言うことはそれだけ暗記内容が増えると言うこと。
わかっているのか、無駄に自信満々のキャプテン大丈夫か?
アップ時間が来たのでいったん終了。

迎えた1試合目・・・
6年生の遠征での不出来も含めて敢えて5年生SoutaとRenziをスタメンに・・・
Kenta顔面蒼白。追い込みがいあり。しめしめ。
Ryouta、遠征でDaichiの変わりにトップしたを務めた自信か・・・
朝から私にスマイルで寄ってきまくり。引き続き持ち味発揮。
キャプテンのスパーセーブ。Ryuの目の覚めるようなゴールもあり2-0勝利。

2試合目・・・
苦戦必死のチャンピオンチームとの対戦。6年生11人のスタメンで・・・。
全く駄目駄目な前半の中盤。後半Daichi、Kenta交代。
後半5年生を2人投入で盛り返し・・・
Ryuの見事なコーナーキックからShinの頭でGoal~。何とか1-0勝利。
前半交代の2人・・・危機感MAX顔。

作文再開・・・
ブレーン3人衆の1人。Daichi・・・自分のプレーの不出来に対する苛立ちか?作文離脱?。
気持ち・・・わからんこともないけど・・・
そこにKouyou、Taisei参加。自分が宣誓するわけではないので好きなこと言いたい放題。
Nobuの文章構成力、Shyutoの責任感、Daichiの発想力、Kouyouの表現力、
Taiseiの無責任なちゃちゃ入れ感に大人として少し感心。
完全に書記状態になっている当人のキャプテン。宣誓するのあなたですけど・・・
作文が行われていることも知らないであろうShin。
作文が・・・仮の完成。9点

3試合目・・・
Nobu、Taisei、Syuto、Demiの4人の集中力お見事。ここまで劣勢になりながらも無失点。
特にNobu、Shyutoの意識の高さ・・・コーチングの能力はすばらしい。
Souta、Renzi持ち味発揮。Ryuまさかの右足2発。2-0勝利。
試合後・・・ベンチに引き上げて来た瞬間・・・
Ryu「監督~観た観た俺の右足2点」
そりゃ観てますけど・・・。「今から褒めようと思ってるところや少し待っとけ。」
Ryu「言いたい。言いたい。先に言いたい。」爆笑。
あまり言いませんが・・・十分認めてますから!!

Oコーチ、審判ハーフタイム中に保護者からの差し入れのコロッケを私の指示でキャプテンが持っていく。
ギャグで。それをセンターサークルで食べているOコーチ。
どうかしてるぜ!!

4試合目
前半・・・Daichi交代。撃沈。遠征参加できずの・・・気持ち空回り体動かず。
RyuからShinの見事なホットライン・・・。微妙な判定。「オフサイド」
Shinの運動量、自分の出来ることを淡々と遂行するKouyouには脱帽。
0-0引き分けも・・・総じてテーマを理解しよく戦っていた。

こぼれ話・・・チャンピオンチームの子供たち編。

試合中に私との会話・・・。その子供たち・・・
「Nobuと10番がいつもめちゃ強いねん」 そうか?
「Ryuはえぐい。そこマークしてたら11番と40番にやられるねん。」 そうか?
「33番が実はめっちゃ速い~。」 そうか?
「けどなんで半袖なん?」 しらん。爆笑

こぼれ話・・・あるチームのコーチ編。

試合終了後の私との会話・・・。
「今日、いつものあのパス出すのがうまいボランチの36番休みですか?」
だってさ!!Kazuki。休みがいあったじゃん。

こぼれ話・・サッカー編

Renziのあるプレー。プレッシャーMAXの中盤でボールを収め自ら判断して展開というシーン。
ベンチで私がOコーチにああいう部分が「あいつのすばらしいところやな」と語りかけた
その瞬間・・・Nobu「判断早くしろや~。遅いねん。」Syutoも同調。
そのことを次に試合前・・・Renzi「あのプレーはいいプレーだから続けろよ。」と言った
ところ・・・Shin「監督、俺もRenziにそう言ったで~試合中に」
これぞ、それぞれのサッカー観。いろいろでいいじゃない!!Up to you!!

こぼれ話・・フォロー編

Shin曰く「俺は淡路島で凹んだ。だけど今日、点入れて、少し復活した。Daichiもガンバれって。」
さすが。何目線ですか?

「叱る時は本気で直接、個人的に・・・。褒める時はさり気に、人伝に・・・。」
これ私の信念です。いつかわかって下さい。9番君と40番君。


保護者の皆様・・・

先日の遠征でチームとして足りなかった部分をピッチで表現するために・・・
私なりに2日間、考えて臨んだつもりです。

「飴とムチ」という言葉があります・・・
私の力不足で見出せていない部分も多々あるとは想いますが
1人1人の子供たちにとって「何」が「飴」の部分かを見出すことを常に心がけてきたつもりです。
何が正解はわかりませんが・・・
結果とは別の部分でどういう「表情」で子供たちがサッカーに臨んでいるかと言うことだと私は想っています。
どのように感じて下さっているかは保護者の皆様次第が・・・

「褒める」ことイコール「飴」でもない
何が「飴」かが非常に分かりづらい、難しい世代の子供たち・・・
そんな世代の子供たちとこれからも「本気」で向き合うことの出来るクラブありたいと想います。

たくさんの応援ありがとうございました。

石切東杯争奪6年生卒部大会 優勝


スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

SSC監督

Author:SSC監督
SSC 育成雑感・・・

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (68)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

QRコード

QR